Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/evolutioner/xtrail-net.info/public_html/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 848
エクストレイルの燃費 新型(T32)と旧型(T31)の違いを比較した!

エクストレイルの燃費 新型(T32)と旧型(T31)の違いを比較した!


画像引用先 :  日産自動車 様

 

日産の主力SUV、「エクストレイル」

現行型も人気ですが、いまだに先代も人気です。

現行型と先代の違いについて触れてみます。

 

マイナーチェンジしたT32型エクストレイルとは?


画像引用先 :  Wikipedia 様

現行「T32型エクストレイル」
2013年12月から発売になりました。

「エクストレイル」は初代から本格SUVと
都市型SUVのふたつの顔を持っています。

本格SUVの走行性能。

都市型SUVの扱いやすさ。

それを両立しているので、
日産の主力SUVとなっています。

現行「T32型」は先代と比べて洗練された
スポーティな外装になっています。

見た目は都市型SUVの色が強くなっていますが、
本格SUVの走行性能ももちろん兼ね備えています。

エンジンはMR20DD型
直列4気筒2000ccのみの設定。

最大出力147馬力は必要にして
充分なパワーがあります。

「2WD」「4WD」が選べます。

都市型SUVとして使いたい方には
「2WD」がオススメ。

冬のレジャーやアウトドア等で使いたいなら
「4WD」がオススメです。

「4WD」システムはエクストレイル
自慢の「インテリジェント4X4」

 


画像引用先 :  日産自動車 様

 

路面状況に応じて前輪:後輪を100:0から
50:50までコンピューター制御で
適切に可変します。

その他にもSUVの走行性能を
充実させる装備も搭載。

腰高なSUVでも安定したコーナリングを実現する
「インテリジェントトレースコントロール」


画像引用先 :  日産自動車 様

 

悪路での姿勢制御で活躍する
「インテリジェントライドコントロール」


画像引用先 :  日産自動車 様

 

その他にも先進電子制御技術を搭載しています。

2015年5月に待望のハイブリットを追加設定。

MR20DDエンジンに
RM31型モーターの組み合わせ。

 


画像引用先 :  日産自動車 様

 

モーター単体で41馬力、
システム出力合計は182馬力あります。

その動力性能は充分な余裕があります。

「ハイブリッドシステム」は日産自慢の2クラッチ式。

電気モーター単体で走行時はエンジンが
完全に停止するので、効率の良い走りが可能です。

「ハイブリッド」は市街地走行で燃費が優れ、
高速巡航での燃費は苦手です。

ですが「エクストレイルハイブリッド」は全く逆です。

市街地走行の燃費はさほど伸びませんが、
高速巡航で優れた燃費を発揮します。

2017年6月のマイナーチェンジで装備も充実。

「*エマージェンシーブレーキ」

「*踏み間違い防止アシスト」といった

安全装備を全車標準装備。

 


画像引用先 :  日産自動車 様

*注釈1
エマージェンシーブレーキとは
フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知。
衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの
警告表示とブザーでドライバーに回避操作を促します。
万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、
自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、
または衝突時の被害や傷害を軽減します。

*注釈2
踏み間違い防止アシストは駐車操作などで、
クリープ走行を含む低速走行時、
進行方向に壁などの障害物がある場合に、
万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、
アクセルペダルをブレーキペダルと
間違えて踏み込んでしまったときに、
ドライバーにメーター内のディスプレイ表示とブザーで警告。
さらに、自動的にエンジン出力やブレーキを制御することで、
障害物への衝突防止や過度の加速の防止を支援します。
壁はもちろん、コンビニなどのガラスも認識し、
前進時にも後退時にも衝突回避をアシストします。

 

走りの面でも安全面でも充実の1台となっています。

 

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

エクストレイルの旧型(T31)とは?

 


画像引用先 :  日産自動車 様

 

「初代T30型」は都市型SUVの使いやすさと
本格SUVの性能を両立させて好評でした。

 

「初代T30型」は都市型SUVの使いやすさと
本格SUVの性能を両立させた事で人気を得ました。

「T31型エクストレイル」
2007年7月に発売されました。

この時、初代モデルをキープコンセプトを
しながらモデルチェンジをしています。

先代から売れ行きは好調でした。

更に「テラノ」「サファリ」といった
本格SUVが国内での販売を終了させたことも
人気に拍車を掛けました。

初代のデザインから好評だったやや無骨なSUVらしい
デザインをそのまま採用。

主力は2000ccガソリンエンジンでしたが、
「T31型」になり2500ccガソリンエンジンも
新たに設定しました。

2008年9月には待望のクリーンディーゼルの
「GT」もラインナップに加わりました。

多彩なグレード構成で多くの方々の
ニーズに対応しました。

「エクストレイル」の基本グレード構成はシンプルです。

スタンダードグレードの「S」

量販グレードの「X」

スポーツグレードの「GT」です。

そして「S」と「X」には時期に応じて
特別仕様車がラインナップされるのが恒例でした。

2008年11月に、「S」「X」
装備を充実した「St」「Xt」が発売されました。

2009年12月からはさらに装備を充実させた

「Stt」「Xtt」が発売になりました。

「St」「Xt」「Stt」「Xtt」
展開は初代から続く伝統です。

 


20Xtt後期型
画像引用先 :  日産自動車 様

 

現行の「T32型」でも同じように初代型から続く
この伝統は踏襲されました。

先代「T31型」は現行「T32型」と比べると、
無骨で本格SUVの色が強いです。

その代表的な装備で
「ハイパールーフレール」があります。

 


画像引用先 :  日産自動車 様

 

これは現行「T32型」には設定がない、
先代T31型までの人気の装備です。

ルーフレールに補助ランプが追加され、
夜間の山道で威力を発揮します。

「ハイパールーフレール」の補助ランプは
通常では使えません。

市街地走行のロービームでは点灯しません。

ハイビームにして、補助ランプのスイッチを
オンにしないと点きません。

通常ハイビームは対向車に眩しいので
市街地では使えません。

夜間照明がない山道で、ハイビームの光でも
不安な場合にこの補助ランプの威力が発揮されます。

ハイビーム以上に強烈な光を照らすので、
本当に心強いです。

ボディサイズですが、先代「T31型」
無骨なスタイルなので見た目より大きく見えます。

ですが実際のボディサイズは
現行「T32型」よりやや小さいです。

その分取り回しがよく、使い勝手もいいです、

さらに先代「T31型」には、現行「T32型」には
無いマニュアルミッションの設定があります。

マニュアルミッションが好きな方には、
先代「T31型」は魅力に感じると思います。

 

エクストレイルの新型(T32)と旧型(T31)の燃費の違いは?

先代「T31型」と現行「T32型」
燃費を比較してみます。

同じ2000ccの「20X4WD」で比較します。

カタログ燃費は
先代「T31型」はがリッター13.2キロ。

それに対し現行「T32型」
リッター15.6キロです。

現行「T32型」のほうが優れています。

では実燃費はどうでしょうか?

現行「T32型」の実燃費は
リッター11キロ弱といったところです。

先代「T31型」はリッター9キロ前後になります。

さすが新型といった個人的印象を受けました。

エンジンは同じMR20DD型です。

 


画像引用先 :  日産自動車 様

 

「20Xtt4WD」同士の比較ですが、
ボディは現行型のほうが大きいです。

ですが車輌重量は現行型のほうが軽いです。

さらに燃費改善のための電子制御技術も進んでいます。

現行「T32型」のほうが燃費が
優れているのも当然といえます。

ただ、車輌価格は「T31型」のほうが安いです。

新車価格を比べると、現行「T32型」
50万円以上高いです。

その分先進装備や安全装備は充実していますが、
価格差は大きいですね。

あと先代「T31型」には、
現行「T32型」にはない魅力があります。

クリーンディーゼルの「GT」です。

クリーンディーゼルの燃費となると、
実燃費はリッター13キロ以上になります。

しかも軽油なので燃料代そのものが安いです。

さらに走りが楽しめる
「6速マニュアルミッション」の設定があります。

当初は「6速マニュアルミッション」のみでしたが、
2010年7月からATモデルも発売されました。

ただガソリン車は燃費が優れた「CVT」ですが、
クリーンディーゼルは「6速AT」です。

 


画像引用先 :  日産自動車 様

 

これはクリーンディーゼルのトルクが大きく、
「CVT」では耐えられないためです。

それほどクリーンディーゼルの走りはトルクフルです。

この走りは現行「T32型」では味わえません。

ですが現行型にも走りを
味わえるグレードがあります。

現行「T32型」には「GT」の設定がありません。

その代わりに「ハイブリッド」があります。

「ハイブリッドモデル」は燃費向上のための
モデルと思われがちですが、「エクストレイル」
走りの性能に活かしています。

なので市街地燃費はリッター13キロほどで、
ガソリン車と比べで抜群にいい訳ではありません。

その代わりに、走りが優れています。

アクセルを踏めば182馬力です。

先代「T31型」「GT」は173馬力です。

「ハイブリッド」とクリーンディーゼルの出力を
比べてもあまり意味はありませんが、
馬力は現行「ハイブリッド」が勝っています。

先代「GT」の走行性能が欲しいのなら、
「ハイブリッドモデル」がオススメです。

ただ「6速マニュアルミッション」
設定がないのは諦めてください。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

エクストレイルの新型(T32)の燃費まとめ

先代「T31型」と比較すると、
現行「T32型」の燃費は大幅に優れています。

これはやはり新型の進化が大きいのだと思います。

ですが先代「T31型」の無骨なスタイルが
魅力の方も少なくないと思います。

まだ中古車市場にもコンディションの
良い在庫があるので、探すのも面白いと思います。

 

 

新車の日産エクストレイルを値引き額より、さらに30万円安く購入するマル秘テクニックとは?


「この日産エクストレイルを買いたいんだけど予算オーバーだ…」
「エクストレイルを値引きして安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒くさい…」
「日産エクストレイルの新車をお得に最安値で買いたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、日産エクストレイルの購入を検討しているけど
悩んでいる・・・
という方は非常に多くいらっしゃるかと思います。

新車エクストレイルを買うときに、ディーラーに値引きしてもらうしか方法がないと思っていませんか?
「値引き額からさらに30万値引きする方法なんて本当にあるの?」

というのも私は以前そう思っていたんですが、この前友人の話を聞いて

「えっ、そんな方法があるの!?」
「エクストレイルの値引き額って70万円ぐらいが限界だと思っていたのに、さらに30万の値引きができる方法があったなんて・・・」

とトンカチで頭をガツーンと殴られたような衝撃を受けました。

あなたはもしこの方法を知らなけれれば、30万円をドブにポイッと捨てることになるかもしれませんよ。

新車エクストレイルの値引き額の限界からさらに30万円以上値引きする方法とは?

その友人も私と同じように、
「新車を買うならディーラーにいかに値引きさせられるかがポイントだよね」
って思っていたようです。

で、実際ディーラーにエクストレイルを買いに行ったら、最初350万円って提示されたらしいんです。

友人もさすがに高いと思って、ディーラーの営業マンに

友人
友人

値引きできませんか?エクストレイル買うならココってきめているんで

って交渉したようです。

そしたら、20代半ばの営業マンからは

営業マン
営業マン

バックモニターやカーナビのディーラーオプションをつければ、40万円は値引きできますよ

と返答があったみたいです。

友人
友人

350万円から40万円を値引きしてもらえれば、310万円か・・・

と友人は心の中でブツブツつぶやき、、、

ですが、300万円は切りたいと思っていたみたいで、

友人
友人

もう少し値引きしてもらうことはできませんか?

としつこく粘ったようです。

ディーラーの営業マンはそう来ると思いましたよ
と言わんばかりに、、、

営業マン
営業マン

それでは、あなたの愛車を20万円で下取りしますよ。

と提案してきました。

友人とすれば、
60万円(40万円+20万円)も安くしてくれたわけですから、嬉しくないはずはありません。

その表情を営業マンは見逃さなかったみたいですね。

営業マン
営業マン

ぜひあなたにこのエクストレイルを買っていただきたいので、いま決めていただければさらに10万円値引きしますよ。

と。

友人は

友人
友人

なんて優しい営業マンなんだ・・・
(40万+20万+10万=70万円も値引きしてくれた)

と思ったようです。
 
 
で、いざ契約しようとしたとき、その友人の携帯がピロロロロ・・・と鳴ったらしいのです。
普段はバイブにしているんですが、そのときだけ忘れており、着信音が鳴ってしまったので、友人は電話を取りました。

どうやら大学時代の友人からだったらしく、

友人
友人

今忙しいからあとでかけ直す

って言ったところ、

 

大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

わかった。俺いま車の買取業者で働いているから、車買うときあったら相談しろよ

と言って電話を切ろうとしたようです。

その言葉を聞いて、慌てて

友人
友人

俺、いままさに車を買おうとしていて、ディーラーにいるんだよ。

だけどお前に相談する必要はなかったよ。だって、営業マンは70万も値引きしてくれたんだ

と得意げに私の友人はその友人に言ったそうです。

 

そしたら、大学時代の友人は

大学時代の友人
大学時代の友人

ちなみに聞くけど、ディーラーの下取り価格っていくらって言われた?

と聞いてきたみたいです。

 

友人
友人

たしか20万円だけど・・・

って答えると、

大学時代の友人
大学時代の友人

それだと、30万円をドブにポイッて捨てるようなもんだな

と大学時代の友人は言ってきました。

 

意味のわからない私の友人は、待たせて申し訳ないと、ちらっとディーラーの営業マンに頭を下げて、

友人
友人

もういま契約しようとしてるんだけど、どういうことなんだよ?

と気になってその買取業者に勤務している大学時代の友人に聞いてみたら、その友人はこう言ってきたようです。

大学時代の友人
大学時代の友人

ディーラーの下取り額が安すぎるんだよディーラーは下取りを安く見積もり、その分を値引き額に上乗せしているってこと。それがディーラーの営業手法なんだけどな。

詳しくは今度会ったときに話すけど、
簡単に言うと、、、
もっと高く下取りできるのに、ディーラーの値引きという甘い言葉につられるなってことだよ。

 

私の友人は、ディーラーに値引きしてもらうことしか頭になく、下取りが安すぎると言われても理解ができなかったようです。

で、私の友人は、その大学時代の友人に

友人
友人

じゃー、どうすれば下取りをもっと高くできるんだ?

と電話越しに聞いたみたいです。

大学時代の友人は、

大学時代の友人
大学時代の友人

俺ならもう30万円は高く買えるな。

ただ、大学時代一緒にバカやったお前だから嘘は付きたくないから言うけど、うちより高く買い取りしてくれるところはあるよ。

だそうです。

友人
友人

そんな買取業者あるなら教えてくれよ。

と気になって私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

買取業者っていっても何社もあるから、それを競わせて、一番高く買ってくれる業者を選べばいいよ

と答えてくれました。

 

友人
友人

どうやって競わせるんだよ。何軒も業者回る時間なんてないんだけど

と私の友人は聞くと、

大学時代の友人
大学時代の友人

一括で何社も査定してくれる便利なサイトがあるから、それを使えば良いんだよ。あとでLINEしておくから、試してみたら。じゃーまたな。

と言って、その友人は電話を切ったみたいです。

 

私の友人は、もっと高く買い取りしてくれる業者のことが頭から離れなかったようです。
 
 
結局その日は契約せずに、家に帰りました。
 
 
帰宅後、大学時代の友人からLINEが来て、こちらのナビクル車査定に無料申し込みをしてみたら、、、

 
なんと
買い取り額が50万円と言われたところがあったようです。

最終的に、私の友人は、

買い取り額      50万円
ディーラーの値引き額 40万円+10万円
合計         100万円

の値引きに見事成功して、新車エクストレイルを250万円で手に入れたみたいです。

このナビクル車査定の無料申し込みをしなかったら、私の友人は30万円を損するところだったわけです。

⇒ 大学時代の友人が送ってきてくれたナビクル車査定公式サイトはこちら
 
 
だから、私もエクストレイルを買うときはまずはこちらのナビクル車査定で愛車の買い取り額を確認することにしました。
 
 
もしあなたもエクストレイルを買おうと思うなら、まずはこちらのナビクル車査定を試してみてください。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

⇒ 新車エクストレイルの値引きから実際30万円以上安く買えた友人の衝撃的な話とは?

 
 
それと、ご存知の方もいるかと思いますが、買い取り額は、季節地域トレンド海外輸出市況景気などによって左右します。

なので、事前に愛車の買い取り額を把握しておけば、ディーラーの営業マンからの提案を冷静に対処することができます。

慌てて契約してしまい、30万円損してしまうなんてことを避けられます。

もしいまエクストレイルを買おうと思わなくても、無料なので、まずは一度試しにあなたの愛車の買取額をチェックしてみてください。

もちろんあくまで査定です。
ですので、一括査定サイトを利用したからといって絶対に車を売る必要は一切ありません。

キャンセルもできますので、安心して、あなたの愛車の価値を確認してみてくださいね。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

エクストレイルの値引きから30万円以上安く買えるナビクル車査定とは?

一括査定サイトは、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれます。
なので、結果的に、値段が吊り上がり、エクストレイルの新車を
値引きよりさらに30万円安く購入できるというわけです。

こちらのナビクル車査定は、
現段階の一括下取りサイトでは最高レベルです。
 
 

その理由は、登録されている買取業者も「ガリバー」を始め、誰もが知っている業者さんばかりだからです。

しかも東証一部上場のグループ企業が運営していますので、安心して査定を任せることができます。

登録後、すぐに買い取りの見積もりをだしてくれます。
 
 

さらに買い取り価格もこのように非常に高いです。

車の査定を後回しにしていたら、30万円損するかもしれません。

ですので、無料ですので、今すぐこちらのナビクル車査定をお試しください!

電話連絡が多いと思ったら、メール連絡のみに変更できるのもナビクル車査定の利点です。
「車一括査定は電話が多いのでは?」と心配されているなら、ご安心ください!


 
 
入力時間はたったの45秒です。

まずはあなたのご希望を選びます。
愛車を売ってエクストレイルを安く買いたいなら、愛車を売りたいを!
あなたの愛車の今の相場を知りたいなら、相場を知りたいを選んでください。

その後はあなたの愛車のメーカー名車種名年式走行距離を選択するだけ。

 

 
年式、走行距離も大体でOKです!車検証を確認する必要はありません。
 

 
入力はお名前、電話番号、住所、メールアドレスのみ。
 

 

 
ほかは選ぶだけなので、45秒で査定が完了します。

▼ナビクル車査定は45秒で簡単査定(無料)

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

コメント